[[PlayStation2]]

#contents

* [[Simple Media System:http://members.casema.nl/eugene_plotnikov/]] for PlayStation2
|[[http://com-nika.osask.jp/image/sms1024i_japanese3s.jpg:http://com-nika.osask.jp/image/sms1024i_japanese3.jpg]]|
//|[[http://com-nika.osask.jp/image/sms1024i_japanese3s.jpg:http://com-nika.osask.jp/image/sms1024i_japanese3.jpg]]|
|#imgtmb(sms1024i_japanese3s.jpg,http://com-nika.osask.jp/image/sms1024i_japanese3.jpg)|
|1080i(1920x1024)での表示(クリックで原寸表示)|
-テレビにもよりますが通常はIP変換をする必要のないプログレッシブ(D2/D4)モードの方が綺麗です。
-コンポーネントやD端子ケーブルで接続する場合は、自前にPS2本体のシステム設定を変更する必要があります。
-DVD-VIDEO形式の字幕ファイル(.sub)とテキスト形式の字幕ファイル(.srt)に対応(ただしUTF-8等は使用できない)。
-最新版ダウンロードはこちらから(→http://members.casema.nl/eugene_plotnikov/ )~
//-中の人もこのページをご覧になられていたみたいです(→[[参考:http://psx-scene.com/forums/showthread.php?t=39512&page=44#1088]])。
//-中の人もこのページをご覧になられていたみたいです(→%% [[参考:http://psx-scene.com/forums/official-sms-forums/39512-sms-bug-reports-44.html#1088]] %% 該当のレスはサイト障害発生により消えました)。
-公式フォーラムはこちら→ http://psx-scene.com/forums/forumdisplay.php?f=111

** 改良してほしい点
-マルチバイト文字にはまだ正式に対応していないっぽい。
-アスペクト比とワイドスクリーン設定の関係がおかしい。
-映像出力が480pのときの画面サイズ周りの処理がおかしい。
//-どうせなら1/2や1/4のサイズでもいいから1920x1080の動画を再生できるようになっていてほしいかも?
-I want I can play the video of 1920x1080i because you are good and to do even half size (ex:960x540) and quarter size (ex:480x270). (by Yahoo! translation)
//-''単純な間引きでもいいので、MPEG2などのインタレースを解除(プログレッシブ化)して再生できないだろうか。''
-''Because even line doubling is good, MPEG2 does deinterlace of the video and may playback it...'' (by Yahoo! translation)
//-そろそろファイルサイズが大きくなってきたので、デコーダ別にプラグイン化なり外部ファイル化なりしてほしい気がする。
-SMSで使用しているm4a(AAC)のデコーダモジュールのオープンソース化を行ってもらえないだろうか
-最新版のソースコードを公開していないため、勝手に修正して公開することもできない。
-I was not able to send a reply to HRGS...
~
** 最新更新履歴 (2009/09/11版, Version 2.9 (Rev.4))
//** 最新更新履歴 (2008/04/01版, Version 2.8)
//(http://home.casema.nl/eugene_plotnikov/)より引用
(http://members.casema.nl/eugene_plotnikov/)より引用
// Changelog for Version 2.5 (Rev.1) (Note updated language files)
// 
// - attempt to fix various glitches with .m3u playlist stuff. Thanks to 'Thorsten Tietz' and
//   'lee99' for the remarks and sample files;
// - added functionality to play all video clips in the selected folder;
// - added a configuration parameter to control mp3 file autodetection process;
// - slightly speeded up network data transfer;
// - some other internal changes that can screw the thins up :D;
// - added 16 bit color resolution for mpeg1/2 files (can be useful to avoid image corruption
//   in HD video modes);
// Changelog for Version 2.5 (Rev.2)
// 
// - fixed quite nasty bug in the mpeg1/2 decoder (blocky artefacts in some cases). Thanks to
//   'orangpelupa' for the note and sample clips;
// - fixed incorrect inclusion of folders into playlist upon "Play all audio" action; Thanks
//   to 'vsub' and 'dlanor' for the research/note;
// - fixed stupid typo that prevented custom greek font to be loaded;
// - added functionality to convert DOS character encodeing to Windows one. This allows correct
//   display of localized filenames while using SMB networking. 4 default conversion tables are
//   provided: CP866 <-> CP1251 (DOSCyrilic <-> WinCyrillic), CP737 <-> CP1273 (DOSGreek <-> WinGreek),
//   CP850 <-> CP1252 (DOSLatin1 <-> WinLatin1) and CP852 <-> CP1250 (DOSLatin2 <-> WinLatin2).
//   Custom conversion tables are supported in form of 'cyrillic.mtx', 'greek.mtx', 'latin2.mtx' and
//   'latin1.mtx' files placed in mc<x>:/SMS folder. These can be generated by 'SMSCP.exe' Win32
//   command line application which is also provided. It's usage is pretty simple. For example to
//   generate 'cyrillic.mtx' file use following command: 'SMSCP 866 1252 cyrillic.mtx'. 866 means
//   codepage ID for DOS and 1252 - codepage ID for Windows. If character charset is changed while
//   browsing SMB share then manual directory rescan is required (leave and enter folder of interest
//   while in SMS browser). Apparently this stuff also depends on 'Regional setings' of the SMB server;
// - added '?' character replacement by appropriate region letter for 'mc0:/B?DATA-SYSTEM' string
//   for user defined language file (if that string is present);
// - implemented exception handler that is invoked if something goes terribly wrong with SMS.
//   It displays some technical information about the exception that can help to fix the problem.
//   There's a possibility either to reboot SMS (if it was launched from a memory card) or exit to
//   the PS2 browser;
// - fixed corrupted background image issue. Thanks to 'MrJiggles' for the semark and sample files;
// Changelog for Version 2.5 (Rev.3) (Note updated language files)
// 
// - fixed crash issue for .avi files with PCM audio. Thanks to "MrJiggles" for the sample clip.
//   (this is quite important fix as it affects all video/audio formats supported by SMS);
// - added support of RTL subtitles. Thanks to 'lior e' for the implementation;
// - added new menu option that controls exception handler activation. Default value is 'off'.
//   It can also be forcibly turned off at startup by pressing 'start-select' buttons on the gamepad
//   in slot 0 during startup (before SMS GUI screen appears);
// - new .elf loader code. Thanks to 'ffgriever' for help and testing;
// - attempt to fix problems with "Play all" functionality. Thanks to 'vsub' for the remarks;
// - added 'Play all' funtionality for the current folder. This is activated by 'R1-circle' gamepad
//   button combination or 'Display' button on the remote control. Only USB, SMB and HDD devices
//   are tested;
// - MPEG4 video decoder is redesigned a bit. Some decoding performance increase can be noted;
//  
// Merry Christmas and Happy New Year. I hope to see you back in 2008 ;)
// Changelog for Version 2.5 (Rev.4) (Note updated language files)
// 
// - fixed bug related to localized folder names (impossible to browse) in SMB driver (thanks to
//   'Hikarudo' for the remark and sample;
// - changed font drawing algorithm;
// - slightly changed .avi parser in attempt to fix incorrect header data. Thanks to 'Startropic1'
//   for the sample clip;
// - added support for MBCS subtitles;
// - added support for big (max. 4GB) OpenDML .avi files. Thanks to 'KnoWei' for the sample clip.
//   Note: big files have a hudreds of thousands of indices. Each index entry consumes 16 bytes,
//         so system can simply run out of memory (SMS exception handler will be activated) under
//         certain conditions (big resolutoins, subtitles, multibyte fonts etc.);
// Changelog for Version 2.6 (Note updated language files)
// 
// - slightly improved audio driver (removed noticeable 'clicks' for monaural sound data);
// - fixed incorrect subtitle handling for MBCS (thank to 'cybereye' for the note);
// - added OSD that provides various information for video clips. Available via "cross" gamepad
//   button during playback;
// - slightly changed expansion bay driver (dev9) and its load policy in order to decrease
//   fan noise when HDD and (or) network are not used;
// - AAC (LC and Main profiles) audio decoder is added (based on FAAD2 library, optimized for PS2);
// - M4A audio file format (produced by iTunes) support is added;
// - 'audio' remote control button is mapped to 'change audio track' action;
// - file browser selection is made "wrapable";
// - changed USB driver load policy. 'USBD.IRX' placed into 'mc<x>:/SMS' folder has precedence over
//   built-in one;
// Changelog for Version 2.7
// 
// - Fixed problem with (S)VCD .DAT files. Thanks to 'Salacho' for the remark;
// - USB mass storage driver is rewritten from scratch (though some elements from 'ps2dev's' one were used).
//   Added support for up to 4 USB mass storage devices (FAT formatted) that are simultaneously connected
//   to the console. USB devices with multiple logical units (like <x>-in-1 cardreaders) should also work
//   (tested here with SWEEX CF004 53-in-1 cardreader with CF and SD cards)). Transfer speed varies
//   depending on filesystem fragmentation (peak rate exceeds 800KB/s sometimes (btw., maximum raw transfer
//   rate (without filesystem overhead) I've got here is around 950 KB/s which is the same as on my PC
//   (USB 1.1 slot). If this driver will cause problems then there's still a possibility to use older driver
//   as described in changelog from 05-FEB-2008;
// - Improved .aac file autodetection algorithm. Thanks to 'lee99' for the sample clip;
// - Added support for HE-AAC sound. Thanks to everybody who provided sample clips;
//
// Changelog for Version 2.6 (Rev.1)
// 
// - updated USB mass storage driver in attempt to raise data transfer speed. For my USB flash memory
//   stick there's improvement from ~500KB/s to ~700KB/s. This is quite experimental stuff, so if
//   this won't work then there's a possibility to load "old" version from 'mc<x>:/SMS' folder same
//   way as for 'USBD.IRX' described above. Driver name must be 'USBM.IRX', however :). Note, that
//   keeping filesystem on the USB device defragmented also improves performance !!!
// - added support for raw .aac files (ADTS only). Thanks to 'hip203' for the sample files;
// - added support for AAC audio in .avi files (codec ID 0x000000FF). Thanks to 'hip203' and 'MrJiggles'
//   for the sample clips;
// - updated SMS image generator. Added possibility to embed custom palette into generated image, so
//   SMS palette can be managed by background image;
// Changelog for Version 2.8 (Note updated language files)
// 
// - added FLAC audio support;
// - added small (32 entries FIFO) history buffer for video clips. It is saved into 'SMS' folder on the memory
//   card. History is based on the absolute file name. Only clips that were ended by the user action (triangle
//   gamepad button) are added/updated to the history buffer and the buffer is saved automatically, so there
//   can be some pause when playback is ended by the user;
// - added support for raw .ac3 audio files;
// - added functionality to control vertical image position for video clips. It is available via player menu
//   during playback and may be useful to display subtitles more nicely;
// - updated USB mass storage driver (added device handling with sector sizes other than 512 bytes);
// - updated network driver;
// Changelog for Version 2.8 (Rev.1)
// 
// - fixed small problem (repeat glitch at the end) related to FLAC decoder (thanks to 'vectis' for the
//   remark/sample clip);
// - added suport for FLAC files containing ID3 tags (these are currently ignored) (thanks to 'vectis' for
//   the remark/sample clip);
// - updated USB mass storage driver;
// Changelog for Version 2.8 (Rev.2)
// 
// - fixed problem with .avi embedded subtitles. Thanks to 'KingFire' for the sample clip;
// - fixed bug related to SMB connectivity (probably this also fixes some other issues (freezing
//   at startup etc.)). Thanks to 'pastito' for the research and help;
// Changelog for Version 2.8 (Rev.3)
// 
// - updated .avi embedded subtitles handling. Thanks to 'KingFire' for sample clip, testing and patience.
// Changelog for Version 2.8 (Rev.4 and 5) (note updated language files)
// 
// - updated OSD information panel (added available memory indication at IOP side);
// - video decoders are redesigned in order to reduce RAM usage;
// - implemented 32 bit color resolution for 720p (playback and browser modes) and
//   1080i (playback mode only) video modes. Note: synchronization parameter 1 and display
//   position adjustments might be necessary for these modes in order to avoid some
//   screen artefacts. Note: synchronization parameter 3 was added. This one affects audio
//   playback, so in total there're 3 parameters related to video synchronization:
//   - parameter 1 is for video clips;
//   - parameter 2 is for GUI;
//   - parameter 3 is for audio playback;
//     These parameters are quite important, so if there're some unwanted screen effects
//     (broken picture during scene motion), screen flickering etc. then adjusting these
//     parameters can remove aforementioned effects. Each video mode has its own independent
//     parameter set. For parameter 1 SMS can approximate its value automatically by
//     choosing 'auto' (formerly '0') value;
// - redesigned subtitle management code;
// - improved MPEG1/2 scrolling/positioning;
// - added 2 "eye candies" (clock and "please wait" indicator);
//   Note about clock: timezone and daylight saving time should be properly initialized
//                     before using/loading SMS. This initialization is usually performed
//                     by the boot loader. I suspect that some modchip's firmware does not
//                     perform proper initialization of the aforementioned things. In this
//                     case SMS will display wrong time.
// 
//   Thanks to D1abo for notes and testing;
// 
//   Small note from 'Sebastiao Rocha' for Matrix Infinity Mod Chip owners: in order to prevent startup
//   hang/crash try to delete SMS.cfg file from the memory card, disable "Use exception handler" and
//   save settings.
//   
// Changelog for Version 2.8 (Rev.6)
// 
// - some optimizations regarding avi indices;
// - fixed some bugs in the FAT (USB) filesystem driver;
// - fixed issues with .sub/.txt subtitles. Thanks to 'Karol Nowak'
//   for the research and sample files;
//
// Changelog for Version 2.9 (Note updated language files)
// 
// - fixed incorect subtitle alignment when subtitle font horizontal size
//   is not equal to the default value of 32;
// - slightly changed file autodetection algorithm;
// - added baseline JPEG decoder (written from scratch) and rather primitive
//   JPEG viewer. Sequence of images can also be viewed using the same
//   button combinations as for audio/video playlists ("circle" for folder and
//   "R1-circle" for the current folder). While in viewer following gamepad and
//   remote control buttons can be used:
//     - left       : previous slide;
//     - right/cross: next slide;
//     - triangle   : exit;
//     - rectangle  : zoom-in/zoom-out (only for images with resolution lower than screen one);
//   Note: decoder supports only baseline JPEGs at the moment. Progressive,
//         loseless and other "exotic" files are not currently supported.
//   Maximum image resolution that has been tested is 6912x4608 though higher resolution
// 
//   images should also be processed without problems;  
// 
// Changelog for Version 2.9 (Rev.1)
// 
// - added "rotate image" function for JPEG viewer:
//     - "circle"/"angle" - rotate image counterclockwise;
//     - "R1"/"shuffle" - rotate image clockwise;
// - fixed bug in MPEG4 decoder;
// 
// Changelog for Version 2.9 (Rev.2) (Note updated language files)
// 
// - refactored I/O code (got rid of iomanX/fileXio stuff). This is actually
//   a first step to the new I/O subsystem that I am planning to implement;
// - fixed glitch in 1080i video mode;
// - fixed power off problem;
// - chnaged A/V synchronization code yet again in order to prevent application
//   lock-up for badly interleaved .avi files;
// - added functionality to configure "reset" button action (power-off/exit) in
//   "SMS menu -> Browser settings";
// Changelog for Version 2.9 (Rev.3)
// 
// - updated USB/FAT driver. Thanks to Matzino for help in testing;
// - improved M3U playlist randomization;
 Changelog for Version 2.9 (Rev.3) (Note updated language files)
  
 - implemented 576p video mode (thanks to HRGS for the implementation);
 - implemented 2:2 video pulldown (for smooth playback of 24fps video clips in
   PAL/576p video modes) (thanks to HRGS for the implementation);
 - updated audio driver (modified upsampling algorithm that provides better
   sound quality and more flexible handling)(thanks to HRGS for the implementation);
 - changed stereo downmixing algorithm for AC3 audio (using Dolby ProLogic II matrix);
   (thanks to HRGS for the research/implementation);
 - significally changed USB/FAT driver (speed improvements);
 - changed SMS configuration file format so it is not compatible with previous versions at all;
 
 Please use e-mail (specified at the bottom of this page) for feedback.
 Note that I don't have much time for SMS anymore so please don't expect frequent updates. Sorry for that.
日本語に訳すと…
 バージョン2.9 (Rev.4)での更新履歴 (言語ファイルが更新されました)
  
 - 576p出力に対応しました (実装して頂いた HRGS さん、ありがとうございました)。
 - 2:2プルダウン再生に対応しました (これはPAL/576p(50Hz系統)映像出力でプログレッシブ24(23.976)fpsの動画を25fpsとして
   再生するための機能です。4%ほど再生速度が上がるそうです) (実装して頂いた HRGS さん、ありがとうございました)。
//   ※指摘されていましたので、修正しました。
//   by 2009/10/02, nika.
 - オーディオドライバを更新しました (より高音質な周波数変換アルゴリズムへの変更と
   柔軟に対応できるように修正しました) (実装して頂いた HRGS さん、ありがとうございました)。
 - AC3のステレオダウンミキシングアルゴリズムを変更しました (ドルビープロロジックIIのマトリクスを使用)
   (調査・実装して頂いた HRGS さん、ありがとうございました)。
 - USB/FATドライバを改良しました (アクセス速度を改善しました)。
 - SMSの設定ファイルのフォーマットを変更しました。過去のバージョンとの互換性が無くなりました。
 
// バージョン2.9 (Rev.3)での更新履歴
// 
// - USB/FATドライバを更新しました。テストに協力して頂いた Matzino さん、ありがとうございました。
// - m3uプレイリストのシャッフル再生を改善しました。
// 
// バージョン2.9 (Rev.2)での更新履歴 (言語ファイルが更新されました)
// 
// - I/Oコードが(iomanX/fileXioもどうにか)再検討(←?)されました。
//   これは新しいI/Oサブシステムへの重要な第1ステップなのであります。
// - 1080i出力での不具合を修正しました。
// - 電源オフの問題を修正しました。
// - インターリーブに不具合のある.aviファイルを再生するとアプリケーションが止まってしまう問題が
//   まだ存在したため、これを防ぐためにA/V同期コードをまた変更しました。
// - リセットボタンを押したときの動作を変更できる機能(電源OFF/終了)を「SMSメニュー」の「ブラウザの設定」の中に追加しました。
// 
// バージョン2.9 (Rev.1)での更新履歴
// 
// - JPEGビューアに回転機能を追加しました:
//     - ○/アングル   : 左回転 (反時計わまり)
//     - R1/シャッフル : 右回転 (時計まわり)
// - MPEG4デコーダのバグを修正しました。
// 
// バージョン2.9での更新履歴 (言語ファイルが更新されました)
// 
// - 字幕フォントの幅が32以外のときにアラインが間違っていたのを修正しました。
// - ファイルフォーマット解析アルゴリズムをわずかに変更しました。
// - ベースラインJPEGデコーダー(フルスクラッチ)とかなり初歩的なJPEGビューアを実装しました。
//   複数のJPEGファイルをビデオ・オーディオプレイリストと同じ操作(R1+○で現在のフォルダ、
//   ○ボタンで特定のフォルダ)で見ることもできます。
//   JPEGビューアでは下記のように操作することができます。
//   - 左    : 前のファイル
//   - 右/× : 次のファイル
//   - △    : GUIブラウザに戻る
//   - □    : ズーム (スクリーンサイズより小さいイメージ用)
//   注) 現在サポートしているファイルはベースラインJPEGファイルのみです。
//        プログレッシブJPEGやロスレス(可逆)JPEG、その他のイメージファイルはまだサポートしていません。
//   イメージの最大解像度は6912x4608までテストしましたが、それ以上の解像度も可能かも知れません。
//   
//   イメージは問題なく処理されるように作成されていなければなりません。
// 
// バージョン2.8 (Rev.6)での更新履歴
// 
// - AVIインデックス関係を少し最適化しました。
// - FATファイルシステムドライバ(USB)でのバグがあったので修正しました。
// - .sub/.txt字幕の問題を修正しました。
//   調査やサンプルファイルを提供してくれた 'Karol Nowak'さん ありがとうございました。
// 
 何かバグなどを発見しましたら (ダウンロードページの一番下に表示されているアドレスへ) Eメールで情報提供をお願い致します。
 (注: 日本語で書かれたメールは決して送らないで下さい。相手の方は母国語(主に英語など)以外で書かれたメールはまず読めませんので、迷惑になります。)
 注意: すみませんが、私にはもうSMSにそんなに多くの時間をかけられないため、頻繁な更新を期待しないで下さい。
// バージョン2.8 (Rev.4と5)での更新履歴 (言語ファイルが更新されました)
// 
// - OSDインフォメーションパネルを更新しました(IOP側の利用可能なメモリの目安を追加しました)。
// - ビデオデコーダがRAM使用量の削減のため再設計されます。
// - 32bppが720p(プレイヤーとブラウザ)や1080i(プレイヤーのみ)のビデオモードでも利用できるようになりました。
//   メモ: これらのモードでは画面のちらつきを避けるために同期設定1と表示位置の調整が必要かも知れません。
//   メモ: 同期設定3を追加しました。この項目ではオーディオ再生に影響し、全部で3つのビデオ同期関連の設定があります。
//   - 設定1: ビデオ再生時
//   - 設定2: GUIブラウザ
//   - 設定3: オーディオ再生時
//     これらの設定は極めて重要で、望まない画面効果(壊れたピクチャが動画の上に重なる)や
//     画面のちらつきなどをこの設定値次第で取り除くことができます。各ビデオモードごとに標準的な同期設定があります。
//     SMSが各同期設定で標準的な設定を使用するには、「auto」(以前は「0」)の値にして下さい。
// - 字幕を管理するプログラムコードを作り直しました。
// - MPEG1/2でのシークやポジショニングを改善しました。
// - 2つの'eye candies'(目安表示?)を追加しました(時間表示と"しばらくお待ち下さい"表示)。
//   時間表示について: タイムゾーンと夏時間の設定はSMSを実行する前に初期化されている必要があります。
////                   この初期化は通常ブートローダによって実行されます。一部のmodchipのファームウェアではその限りではありません。
//                     この初期化は一部のmodchipのファームウェアを除き通常はブートローダによって実行されます。
//                     私(作者)はmodchipのファームウェアが前述の適当な初期化処理をするべきだと思います。
//                     この場合、SMSは間違った時間を表示してしまいます。
// 
// バージョン2.8 (Rev.3)での更新履歴
// 
// - 字幕入りの.aviの扱い方を更新しました。
//   サンプル提供と根気強くテストをしてくれた'KingFire'さん、ありがとうございました。
// 
// - Matrix Infinity Mod Chipを使用する方へ'Sebastiao Rocha'さんからのちょっとしたメモ:
//   起動直後のハング/クラッシュを防ぐためにメモリーカード上のSMS.cfgファイルを削除し、
//   「例外ハンドラを使用する」を無効化してこの設定を保存してください。
// 
// バージョン2.8 (Rev.2)での更新履歴
// 
// - 字幕入りの.aviファイルの問題を修正しました。サンプルを提供してくれた'KingFire'さんありがとう。
// - SMBの接続的なものに関連するバグを修正しました(これでもしかしたら他の問題(スタートアップでのフリーズとか。)も解決するかも知れません)。
//   'pastito'さんの再調査とご支援ありがとうございました。
// バージョン2.8 (Rev.1)での更新履歴
// 
// - FLACデコーダの小さな問題(終了時に不具合を繰り返す)を修正版をリリースしました('vectis'さんのレス/サンプル提供に感謝)。
// - ID3タグの付いたFLACファイルをサポートしました(現在は無視されます)('vectis'さんのレス/サンプル提供に感謝)。
// - USBマスストレージドライバを更新しました。
// バージョン2.8での更新履歴 (言語ファイルが更新されました)
// 
// - FLAC音声をサポートしました。
// - 動画のための小さなバッファ(32エントリ/FIFO)の中断履歴を実装しました。これはメモリカード上の'SMS'フォルダの中に保存されます。
//   履歴はファイル名を基本に管理されます。履歴は再生中に('△'ボタン等を押して)中断した場合にのみ追加/更新され、自動的に保存されます。
//   また、ユーザが再生を中断するときに保存をするため若干停止することがあります。
// - エレメンタリストリーム(単独ファイル)の.ac3オーディオをサポートしました。
// - 動画のための垂直イメージ位置を調整する機能を実装しました。
//   これは再生中のプレーヤーメニューから利用でき、字幕の位置調整にうまく利用できるかも知れません。
// - USBマスストレージドライバを更新しました(512バイト以外のセクタサイズを使うデバイスに対応しました)。
// - ネットワークドライバを更新しました。
// バージョン2.7での更新履歴
// 
// - (S)VCDの.DATファイルで問題があったのを修正しました。'Salacho'さんありがとうございました。
// - USBマスストレージドライバを最初から書き直しました(いくらかps2devのそれを参考にしました)。
// - 最大4台の(FATフォーマットの)USBマスストレージデバイスの同時認識をサポートしました。
//   1台のUSBデバイスで複数のドライブ(例えばOO-in-1カードリーダなど)も動作します
//   (これはSWEEX CF004 53-in-1 カードリーダのCFとSDカードでテストしました)。
//   転送速度は断片化により異なります(最大論理転送速度は(断片化のオーバーヘッドなしで)ピーク時は800KB/sを超える可能性があります)。
//   私のPC(USB1.1スロット)ではおよそ950KB/sの速度ですが、これぐらいの速度が出るかも知れません。(←?)
//   もし、このドライバで問題が起きる場合は、2008/02/05の更新履歴に書かれている以前のドライバを利用することが出来ます。
// - .aacファイルの自動認識アルゴリズムを改善しました。サンプルクリップを提供してくれた'lee99'さんに感謝します。
// - HE-AACサウンドをサポートしました。サンプルクリップを提供して頂いた方々に感謝します。
//
// バージョン2.6 (Rev.1)での更新履歴
// 
// - データ転送速度がさらに向上したっぽいUSBマスストレージドライバに更新してみました。
//   私のUSBフラッシュメモリスティックでは~500KB/sから~700KB/sへ向上しました。
//   これは実験的なものですので、これがうまく動作しない場合、この'USBD.IRX'の場合には
//   'mcx:/SMS/'に以前のドライバを置く方法がありまが、以前のドライバのファイル名は'USBM.IRX'で無ければなりません(^^;。
//   パフォーマンスを向上させるためにUSBデバイスを常にデフラグに注意しておくべきです!!!
// - 直の.aacファイル(ADTSのみ)をサポートしました。サンプルクリップを提供してくれた'hip203'さんに感謝します。
// - .aviファイルのAAC音声(コーデックIDが0x000000FFのもの)をサポートしましました。
//   サンプルを提供して下さった'hip203'さん、'MrJiggles'さんに感謝します。
// - SMS image generatorを更新しました。
//   変換された画像にカスタムパレットを含ませることができ、それにより壁紙によってSMSの配色を管理することができるようにしました。
// バージョン2.6での更新履歴 (言語ファイルが更新されました)
// 
// - オーディオドライバを少し改良しました(モノラルのサウンドデータでクリック音がしていた(?)のを修正しました)。
// - MBCSで字幕データを正しく扱えてなかったのを修正しました(注意をしてくれた"cybereye"さんありがとう)。
// - ビデオクリップで色々な情報を表示するOSDを実装しました。再生中に×ボタンを押すと利用できます。
// - EXPANSION BAYドライバ(dev9)を少し変更しました。
//   ロード方針が変わり、HDDやネットワークが使用されない場合はファンの騒音が軽減されます(?)。
// - AAC (LCとメインプロファイル) オーディオデコーダ(FAAD2ライブラリベースでPS2に最適化したもの)を追加しました。
// - (iTunesで作成された) M4Aオーディオファイルフォーマットをサポートしました。
// - PS2リモコンの"audio"ボタンに"再生するオーディオトラックを変更する"機能を割り当てました。
// - ファイルブラウザセレクションは"wrapable"にされます。(←?)
// - USBドライバのロード方針を変えました。
//   "USBD.IRX"が"mc:/SMS/"に存在する場合は内蔵のものより優先して使用されます。
// バージョン2.5 (Rev.4)での更新履歴 (言語ファイルが更新されました)
// 
// - SMBドライバで(アクセス不可能な)各言語固有のフォルダ名に関してバグがあったのを修正しました。
//   "Hikarudo"のレスとサンプルありがとうございました。
// - フォントの描画方法を変更しました。
// - 不正なヘッダ情報に対応するべく.avi解析ルーチンを少し変更してみました。
// - MBCS(マルチバイトキャラクタセット)の字幕に対応しました。
// - 巨大な OpenDML .aviファイル (最大 4GBまで)をサポートしました。
//   サンプルクリップを提供してくれた"KnoWei"さん、ありがとうございました。
//   注: 大きなファイルは数百(?)、数千ものインデックス情報があります。
//       1つのインデックス情報は16バイトを使用しますが、メモリの使用状況(高解像度、字幕、マルチバイトフォントなど)によっては
//       システムがメモリ不足に陥る可能性があります(有効にしている場合はSMS例外ハンドラが表示されます)。
// バージョン2.5 (Rev.3)での更新履歴 (言語ファイルが更新されました)
// 
// - PCM音声の.aviファイルでクラッシュする問題を修正しました。"MrJiggles"さん、サンプルの提供ありがとうございました。
//   (この問題は全ビデオ/オーディオフォーマットで発生する可能性がありました、極めて重要な修正です。)
// - RTL字幕をサポートしました。 実装にあたり"Lior e"さんありがとうございました。
// - 例外ハンドラの表示かどうかの選択をメニューに追加しました。デフォルト値はオフです。
//   (SMS GUIが現れる前から)プレイヤー1のスタートとセレクトボタンを押しながら起動すると強制的にturned offにできます。)
// - .elfローダーを新しくしました。 "ffgriever"さんの助けとテストありがとうございました。
// - "全て再生"機能の問題を解決をしてみました。 "vsub"さんありがとうございました。
// - カレントフォルダを対象に"全て再生"できるようにしました。
//   これは"R1ボタンを押しながら○ボタン"か"(PS2リモコンの)Displayボタン"を押すと出てきます。
//   ただしUSB、SMBとHDDデバイスでしかテストしていません。
// - MPEG4ビデオデコーダを少し作り直します。 パフォーマンスがいくらか低下するかも知れないので注意しましょう。
// 
// メリークリスマス、そして新年おめでとうございます。2008年に会いましょう。
// バージョン2.5 (Rev.2)での更新履歴
// - MPEG1/2デコーダでの見苦しいバグを修正しました(一部の動画でのブロックノイズ(←?))。
//   'orangeplupa'さんのレスとサンプルクリップの提供ありがとうございました。
// - フォルダプレイモードの「全てのオーディオ再生」で誤りを含まれるのを修正しました。
//   'vsub'さんと'dlanor'さんのリサーチと情報提供ありがとうございました。
// - スペルミスのためカスタムGreekフォントで読み込みできなかったのを修正しました。
// - キャラクタエンコーディングをWindowsのものからDOSに変更できるようにしました。(←なんか違う気がする)
//   これはSMBネットワークを使用中の間、ローカライズされた(各言語の)ファイル名を正しく表示させるために使用されます。
//   (訳注: マルチバイトファイル名にはまだ対応していません。)
//   デフォルトで次の4つの変換テーブルが提供されます。
//     CP866 ⇔ CP1251 (DOSCyrilic ⇔ WinCyrillic)、
//     CP737 ⇔ CP1273 (DOSGreek ⇔ WinGreek)、
//     CP850 ⇔ CP1252 (DOSLatin1 ⇔ WinLatin1) と
//     CP852 ⇔ CP1250 (DOSLatin2 ⇔ WinLatin2) です。
//   カスタムフォントテーブルは'cyrillic.mtx', 'greek.mtx', 'latin2.mtx'と
//   'latin1.mtx'というファイル名でmc[0/1]:/SMS/に置くことで使用することができます。
//   これらは'SMSCP.exe'というWin32コンソールアプリケーションで作成することができます。
//   これの使い方はかなり単純です。
//   例えば、'cyrillic.mtx'ファイルを作成するには以下のように入力します。
//     SMSCP 866 1252 cyrillic.mtx
//   この場合、866はDOSのコードページ、1252はWindowsのコードページです。
//   もしSMBサーバー内でキャラクターセット(フォントセット)を変更した場合は、
//   フォルダ内の再検索が必要です((△で)戻って同じフォルダを選択すればいい)。
//   なお、この設定はSMBサーバーの地域設定に依存するでしょう。
// - '?'の文字をユーザー定義言語ファイルの"mc0:/B?DATA-SYSTEM"の地域設定に応じて適当な文字に置き換えるようにしました。
// - もしSMSで本当に致命的なエラーが発生した場合、内蔵例外ハンドラが表示されます。
//   それには問題を解決するのに役に立つかもしれない例外に関する情報が表示されます。
//   その後、SMSを再起動(メモリーカードからの起動された場合)かPS2のブラウザ画面へ戻ることができます。
// - 背景画像(壁紙)が壊れてしまう問題を修正しました。 
//   semarkとサンプルファイルを提供してくれた'MrJiggles'さんに感謝します。
// バージョン2.5 (Rev.1)での更新履歴 (言語ファイルが更新されました)
// 
// - 多様な.m3uプレイリストファイルを見据えて発生しそうな色々な不具合を修正しました。(←?)
//   'Thorsten Tietz"と"lee89"の情報とサンプルファイル提供を感謝します。
// - フォルダプレイモードに全ビデオクリップ(動画ファイル)を再生する機能を実装しました。
// - mp3自動検出コントロールプロセスのパラメータ値の変更できるようにしました。
// - ネットワーク経由のデータ転送速度が少し改善しました。
// - 他にもいくつかの内部を出来る限り小さくしました。 (~▽^) (←顔文字違いそう)
// - MPEG1/2ファイルのために16bitカラーモードを追加しました
//   (高解像度モードでの画像が崩れてしまうのに回避できるかも知れません)。
~
…らしい。~
//分からない単語多すぎてよく分かっていないのでかなり間違っている部分があるかも知れません。~

* 操作方法
** ブラウザ(ファイルセレクター)画面の操作
|>|#ref(selector.png)|
|ボタン|操作説明|
|×|決定/実行/再生/メディア決定/レジュームで再生|
|○|決定/実行/再生/フォルダ内全オーディオファイル再生/字幕ファイル選択|
|△|戻る/キャンセル/最初から再生|
|□|ファイルコンテキストメニューを開く|
|↑/↓|ファイル選択カーソル移動|
|←/→|メディア選択カーソル移動|
|L1/L2|ページ戻し/送り|
|Start|SMSメニューを開く|
|Select+△|SMSの終了(BOOT.ELFなどを起動)|
|Select+○|PS2の電源を切る|
|Select+□|設定の保存|
|Select+L1/L2/R1/R2|スクリーンの位置の調整|
|L1+L2+R1+R2|たぶんスタッフロール、△で戻る|
~
** JPEGビューアの操作
|>|#ref(jpegview.png)|
|ボタン|操作説明|
|←|前のファイル|
|→/×|次のファイル|
|○|左90°回転|
|R1|右90°回転|
|△|終了(GUIブラウザに戻る)|
|□|ズーム (小さいイメージ用)|
~
** MP3再生中の操作
|>|#ref(mp3play.png)|
|ボタン|操作説明|
|△|停止|
|Select|一時停止|
|Start|一時停止解除|
|←/→|再生ファイル変更(プレイリスト順)|
|↑/↓|音量調整|
~
** 動画再生中の操作
|>|#ref(mpgplay.png)|
|ボタン|操作説明|
|△|停止|
|○|動画と音声の同期微調整|
|×|再生/残り時間表示|
|□|パンスキャン等の変更|
|←/→|巻き戻し/早送り(×で再生)|
|↑/↓|音量調整|
|Select|一時停止/再生位置バー表示|
|Start|プレイヤーメニュー表示|
|L1/R1|パンスキャン時の視点移動(同時押しで中心へ)|
|L2/R2|明るさ調整|
~
** プレイヤーメニューの操作
|>|#ref(mpgmenu.png)|
|ボタン|操作説明|
|○/×|変更|
|△|閉じる|
|↑/↓|種目移動|
~
** SMS例外ハンドラの操作
|>|#ref(exception.png)|
|ボタン|操作説明|
|×|SMSの再起動またはPS2ブラウザに戻る|
~
* SMS Menu の 日本語訳
説明するまでも無いですが、一応。~
下の日本語化をすると分かりやすくなります。~
//※この日本語訳はVersion 2.5 rev.3のものです。~

||LEFT:英語表記|LEFT:日本語表記|LEFT:説明|
|>|>|>||
|SMS Menu&br;(SMS メニュー)|LEFT:Display settings...|LEFT:ディスプレイの設定...|LEFT:画面関係の設定です。|
|~|LEFT:Device settings...   |LEFT:デバイスの設定...|LEFT:メディア自動認識やネットワークなどの設定です。|
|~|LEFT:Browser settings...  |LEFT:ブラウザの設定...|LEFT:ブラウザやカラーなどの設定です。|
|~|LEFT:Player settings...   |LEFT:プレイヤーの設定...|LEFT:再生中に関係する設定です。|
|~|LEFT:Help...              |LEFT:クイックヘルプ...|LEFT:簡易操作説明です。|
|~|LEFT:Save settings        |LEFT:設定を保存する|LEFT:変更した設定をmc0:/SMS/へ保存します。Select+□でも保存できます。|
|~|LEFT:Shutdown console     |LEFT:シャットダウン|LEFT:%%PS2の電源を切ります(スタンバイになります)。%%|
|~|LEFT:Exit SMS             |LEFT:SMS しゅうりょう|LEFT:SMSを終了しBOOT.ELFなどを実行します。&br;見つからなかった場合はPS2のブラウザ画面へ戻ります。|
|Display setting&br;(ディスプレイの設定)|LEFT:TV system|LEFT:TVモニタ|LEFT:出力する信号の種類です。&br;メニューから選択するように変更した方が良いような気がします。&br;対応している映像出力モードは以下の通りです。&br; AUTO(D1),NTSC(D1),PAL(D1),480/60p(D2),576/50p(D2),720/60p(D4),1080/30i(D3),VGA 60Hz,VGA 75Hz|
|~|LEFT:Character set      |LEFT:フォントセットファイル|LEFT:文字コード0x80~0xFFに割り当てるフォントセットの設定です。|
|~|LEFT:Language           |LEFT:Language           |LEFT:システムの表示に使用する言語です。&br;SMS.lngを用意していないと切り替わりません。|
|~|LEFT:Adjust image left  |LEFT:スクリーンをナェへ   |LEFT:画面を上下左右へ微調整します。|
|~|LEFT:Adjust image right |LEFT:スクリーンをナ。へ   |~|
|~|LEFT:Adjust image up    |LEFT:スクリーンを上へ   |~|
|~|LEFT:Adjust image down  |LEFT:スクリーンを下へ   |~|
|~|LEFT:Advanced setting...|LEFT:アドバンスド設定...|LEFT:画面の大きさなどの設定です。|
|Advanced setting&br;(アドバンスド設定)|LEFT:Display height|LEFT:スクリーンのたかさ|LEFT:画面の大きさを調整します。|
|~|LEFT:Display width    |LEFT:スクリーンのはば |~|
|~|LEFT:Color resolution |LEFT:カラーデプス(bpp)|LEFT:表示画面の色の深さです。&br;この設定に関係無く1080iのブラウザ画面は16bppになります。|
|~|LEFT:Synch. parameter 1(video)|LEFT:どうき設定(ビデオプレイヤー)|LEFT:各モード時の同期設定です。&br;設定値を調整するとちらつき等が低減されるかも知れません。&br;目安は走査線の本数(インタレース時はそれの半分)前後でしょうか。|
|~|LEFT:Synch. parameter 2(GUI)  |LEFT:どうき設定(GUIブラウザ)|~|
|~|LEFT:Synch. parameter 3(Audio)|LEFT:どうき設定(オーディオプレイヤー)|~|
|~|LEFT:Apply settings   |LEFT:はんえい         |LEFT:変更した設定を適用します。|
|Device settings&br;(デバイスの設定)|LEFT:Network settings...|LEFT:ネットワークの設定|LEFT:ネットワーク関係の設定です。|
|~|LEFT:Controller port 2|LEFT:2Pコントローラポート|LEFT:2Pに何を接続しているかを指定します。|
|~|LEFT:Autostart network    |LEFT:オートロード ネットワーク  |LEFT:起動時から自動認識させることができます。|
|~|LEFT:Autostart USB        |LEFT:オートロード USB           |~|
|~|LEFT:Autostart HDD        |LEFT:オートロード HDD           |~|
|~|LEFT:Disable CD/DVD       |LEFT:CD/DVDを表示しない         |LEFT:CD/DVDメディアを扱わないようにします。|
|~|LEFT:CD/DVD speed         |LEFT:CD/DVDのスピード           |LEFT:CD/DVDメディアの回転速度です。|
|~|LEFT:Directional buttons  |LEFT:上下ナェナ。ボタン             |LEFT:方向キーの設定(未詳)|
|~|LEFT:Start network support|LEFT:ネットワーク スタート      |LEFT:自動認識を開始します。|
|~|LEFT:Start HDD support    |LEFT:HDD スタート               |~|
|~|LEFT:Start USB support    |LEFT:USB スタート               |~|
|Network settings&br;(ネットワークの設定)|LEFT:Edit IPCONFIG.DAT... |LEFT:IPCONFIG.DATのへんしゅう...|LEFT:mc0:/SYS-CONF/IPCONFIG.DATを編集します。|
|~|LEFT:Network protocol |LEFT:ネットワークプロトコル|LEFT:ネットワークに接続するプロトコルの設定です。|
|~|LEFT:SMB server...    |LEFT:SMBサーバーリスト...  |LEFT:SMBサーバーとの接続をリストから変更できます。|
|~|LEFT:Operating mode   |LEFT:オペレーションモード  |LEFT:二重化モードと通信速度規格の設定です。|
|~|LEFT:Duplex mode      |LEFT:Duplexモード          |LEFT:二重化モードを指定します(マニュアル時)。|
|~|LEFT:Standard         |LEFT:Standard              |LEFT:通信速度規格を指定します(マニュアル時)。|
|Edit IPCONFIG.DAT&br;(IPCONFIG.DATの編集)|LEFT:IP Address (octet COLOR(red){?})|LEFT:IPアドレス (COLOR(red){?})|LEFT:PS2のIPアドレスを指定します。左からCOLOR(red){1}.COLOR(red){2}.COLOR(red){3}.COLOR(red){4}です。|
|~|LEFT:Net Mask (octct COLOR(red){?})|LEFT:サブネットマスク (COLOR(red){?})|LEFT:サブネットマスクを指定します。左からCOLOR(red){1}.COLOR(red){2}.COLOR(red){3}.COLOR(red){4}です。&br;通常は255.255.255.0か255.255.0.0にします。|
|~|LEFT:Gateway Address (octet COLOR(red){?})|LEFT:デフォルトゲートウェイ (COLOR(red){?})|LEFT:デフォルトゲートウェイのIPアドレスを指定します。&br;通常はモデムかルータのIPアドレス(192.168.0.1や192.168.1.1など)を指定しとけばよさそう。|
|~|LEFT:Save/Update IPCONFIG.DAT|LEFT:IPCONFIG.DATを保存して戻る|LEFT:変更を保存して戻ります。|
|Browser settings&br;(ブラウザの設定)|LEFT:Use background image|LEFT:カスタムスキンを表示|LEFT:カスタムスキン(壁紙/背景画像)を表示します。&br;Version 2.3(Rev.1)でD3/D4出力でも表示できるようになりました。&br;''mc:/SMS/Skins/''フォルダに.smiファイルが見つからない場合は何も変わりません。|
|~|LEFT:Sound FX|LEFT:そうさおんをならす|LEFT:マウント時や決定時などで効果音を出します。|
|~|LEFT:Sort filesystem objects|LEFT:ファイルリストをソートする|LEFT:ブラウザ画面でのファイルリストが文字コード順にソートされます。|
|~|LEFT:Filter media files|LEFT:サポートしてないファイルは表示しない|LEFT:対応している拡張子のファイルだけ表示をします。&br;このオプションを有効すると拡張子が表示されなくなります。|
|~|LEFT:Display HDL partitions|LEFT:HDLoaderのパーティションを表示する|LEFT:HDLで作成されたパーティションがあれば表示します。|
|~|LEFT:Hide system partitions|LEFT:システムパーティションを表示しない|LEFT:HDDの初期化時に作成される特殊なパーティションを非表示にします。|
|~|LEFT:Use exception handler|LEFT:システムエラーをトラップする|LEFT:致命的なエラーが起きたときに自動的に&br;例外ハンドラを表示させるかどうかの設定です。|
|~|LEFT:Active border color|LEFT:アクティブボーダーカラー|LEFT:アクティブなウィンドウの枠の色です。|
|~|LEFT:Inactive border color|LEFT:インアクティブボーダーカラー|LEFT:非アクティブなウィンドウの枠の色です。|
|~|LEFT:Text color|LEFT:テキストカラー|LEFT:通常の文字の色です。|
|~|LEFT:Status line text color|LEFT:ステータスラインテキストカラー|LEFT:状況表示などを表示する下のメッセージ内の文字色です。|
|~|LEFT:Selection bar color|LEFT:セレクトバーカラー|LEFT:セレクトバー(何?)の色です。|
|Player settings&br;(プレイヤーの設定)|LEFT:MP3 settings...|LEFT:MP3の設定|LEFT:オーディオ再生に関する設定です。|
|~|LEFT:Autoload subtitles      |LEFT:字幕オートロード|LEFT:自動的に字幕ファイルを読み込みます。&br;別途字幕データを記述したファイルを用意する必要があるようです。&br;詳しくは公式からリンクされている[[マニュアル:http://home.casema.nl/eugene_plotnikov/doc.html]](英語)を参照してください。|
|~|LEFT:Opaque subtitles        |LEFT:字幕をみやすくする|LEFT:有効の場合字幕の範囲を黒く塗りつぶして見やすくします。|
|~|LEFT:Display scroll bar time |LEFT:スクロールバーのじかんを表示|LEFT:スクロールバーの時間を一緒に表示します。|
|~|LEFT:S/PDIF - Dolby Digital/DTS|LEFT:S/PDIF Audio パススルー|LEFT:光音声出力にAC3やDTSストリーム等をそのまま出力します。&br;これを有効にすると音声がAC3/DTS等の時アナログ音声は出力されなくなります。&br;また、PALまたは576pでプルダウンを有効にすると非表示になります。|
|~|LEFT:Video auto 2:2 pulldown |LEFT:オート 2:2プルダウン|LEFT:プログレッシブ24(23.976)fpsの動画を25fps系統の映像出力で再生する場合に、25fpsとして再生します。&br;この設定が有効の場合、音声周波数が変換されるため光音声パススルーはできなくなります。&br;※PALまたは576p映像出力の場合のみ設定することができます。|
|~|LEFT:Subtitle color          |LEFT:字幕のカラー|LEFT:字幕の色です。|
|~|LEFT:Subtitle bold color     |LEFT:字幕のボールドカラー|LEFT:字幕の太字の色です。|
|~|LEFT:Subtitle italic color   |LEFT:字幕のイタリックカラー|LEFT:字幕の斜め文字の色です。|
|~|LEFT:Subtitle underline color|LEFT:字幕のアンダーラインカラー|LEFT:字幕のアンダーライン時の色です。|
|~|LEFT:Scroll bar color        |LEFT:スクロールバー カラー|LEFT:スクロールバーの色です。|
|~|LEFT:Volume bar color        |LEFT:ボリュームメーター カラー|LEFT:ボリュームメーターの色です。|
|~|LEFT:Color resolution        |LEFT:カラーデプス(bpp)|LEFT:ビデオデコード時の色数です。&br;不具合が発生する場合があるので通常はAutoのままにしておきましょう。|
|~|LEFT:Default volume          |LEFT:オーディオボリューム|LEFT:起動時のボリューム設定です。|
|~|LEFT:Subtitle alignment      |LEFT:字幕のよせとむき|LEFT:字幕の寄せ位置と文字の進む方向です。&br;左寄せ(左から右)/右寄せ(右から左)/中央(右から左または左から右)。|
|~|LEFT:Auto power -off         |LEFT:オートパワーオフ|LEFT:自動電源OFFの設定です。&br;Autoにすると再生終了と同時に電源オフにするみたいです。|
|~|LEFT:Scroll bar length       |LEFT:スクロールバーのながさ|LEFT:スクロールバーを調整します。|
|~|LEFT:Scroll bar position     |LEFT:スクロールバーのいち|~|
|~|LEFT:Subtitle offset         |LEFT:字幕のいち|LEFT:字幕の縦方向の位置を画面下から文字の上端までのピクセル数で指定します。|
|~|LEFT:Subtitle font width     |LEFT:字幕フォントのはば|LEFT:字幕の文字の大きさを指定します。&br;通常のサイズは縦が32、横は(フォントにもよるが)可変です。最大値は80みたい。|
|~|LEFT:Subtitle font height    |LEFT:字幕フォントのたかさ|~|
|~|LEFT:Subtitle MBCS|LEFT:字幕をMBCSフォントで表示する|LEFT:使用するMBCS対応フォントを切り替えることができます。|
//|~|LEFT:                        |LEFT:リセット|LEFT:リセット(電源)ボタンを押した時の動作です。|
|MP3 settings&br;(MP3の設定)|LEFT:Audio animation display|LEFT:はいけいアニメーション|LEFT:有効にすると画面の奥から手前に流れる球のアニメーションが表示されます。|
|~|LEFT:Randomize playlist|LEFT:シャッフルする|LEFT:プレイリストを再生する前にシャッフルします。|
|~|LEFT:Repeat mode|LEFT:リピートする|LEFT:全曲再生後に最初の曲目へ戻り再生を続行します。|
|~|LEFT:Audio spectrum display|LEFT:スペクトル表示|LEFT:音声スペクトルを表示します。|
|~|LEFT:Autodetection parameter|LEFT:MP3/MPEGけんしゅつしきい|LEFT:MP3/MPEG自動判定のしきい値を変更できます。&br;デフォルト値は"5"です。|
|Player menu&br;(プレイヤーメニュー)|LEFT:Language|LEFT:Language|LEFT:字幕の言語を変更します(多分)。|
|~|LEFT:Display|LEFT:ディスプレイ|LEFT:パンスキャンやレターボックス等の設定を変更します。&br;再生中に□ボタンでも変更できます。&br;垂直表示開始位置をイメージオフセットで、水平表示開始位置をL1/R1ボタンで調整できます。|
|~|LEFT:Auto power -off|LEFT:オートパワーオフ|LEFT:自動電源Offの設定です。&br;Autoにすると再生終了と同時に電源オフにするみたいです。|
|~|LEFT:AC3 range level|LEFT:AC3デコードレンジ レベル|LEFT:AC3のデコード時の波形の大きさを指定します。&br;大きすぎるとノイズ等が発生する場合があります。|
|~|LEFT:Image offset|LEFT:イメージオフセット|LEFT:レターボックス時などで動画の垂直位置を調整します。|
|~|LEFT:Display subtitles       |LEFT:字幕表示|LEFT:字幕を表示します(非表示にできます)。|
|~|LEFT:Subtitle color          |LEFT:字幕のカラー|LEFT:字幕の文字の色です。通常の文字の色も影響されるようです。|
|~|LEFT:Subtitle bold color     |LEFT:字幕のボールドカラー|LEFT:字幕の太字の色です。|
|~|LEFT:Subtitle italic color   |LEFT:字幕のイタリックカラー|LEFT:字幕の斜め文字の色です。|
|~|LEFT:Subtitle underline color|LEFT:字幕のアンダーラインカラー|LEFT:字幕のアンダーライン時の色です。|
|Select action&br;(どうしますか?)|LEFT:Delete|LEFT:さくじょ|LEFT:HDD上のファイルまたはディレクトリを削除します。|
|~|LEFT:Copy to HDD           |LEFT:HDDへコピー|LEFT:選択しているファイルをHDDへコピーします。|
|~|LEFT:Update SMS language   |LEFT:SMS.lngをアップデートする|LEFT:SMSの言語設定ファイルを更新します。|
|~|LEFT:Update SMS palette    |LEFT:SMS.palをアップデートする|LEFT:SMSの配色設定ファイルを更新します。|
|~|LEFT:Update SMS            |LEFT:SMSをアップデートする|LEFT:SMSを更新します。|
|~|LEFT:Update SMB server list|LEFT:SMBサーバーリストをアップデートする|LEFT:SMBサーバーリストを選択中のファイルから更新します。|
|~|LEFT:Add background image  |LEFT:カスタムスキンフォルダにコピーする|LEFT:選択しているsmiファイルをmc:/SMS/Skins/フォルダにコピーします。|
|Play all&br;(フォルダプレイモード)|LEFT:Audio|LEFT:オーディオ|LEFT:従来通りオーディオファイルを順番に再生します。|
|~|LEFT:Video|LEFT:ビデオ|LEFT:動画ファイルのリストを作成し、任意の動画から順番に再生できます。&br;動画の再生を中断すると動画ファイルリストの画面へ戻るみたいです。|
|~|LEFT:Images|LEFT:ピクチャーイメージ|LEFT:JPEGファイルのリストを作成し最初のファイルを表示します。|
//|Start playback from&br;(どのビデオからプレイしますか?)|>|(フォルダに存在する動画ファイルが表示されます)|LEFT:再生するファイルを指定します。|
|>|>|>||
||LEFT:英語表記|LEFT:日本語表記|LEFT:説明|
~

* SMS for PS2 日本語化
マルチバイトに対応していないっぽいしcharsetを追加することもできないようなので、~
既存のcharsetの1つを半角カタカナ入りのフォントに置き換え、それでも空いている領域にひらがなとボタン用の記号、よく使う一部の漢字を無理矢理入れて日本語化してみました。~
//|#ref(smsjapanese720.png,,55%)|
|[[http://com-nika.osask.jp/image/sms720p_japanese3s.jpg:http://com-nika.osask.jp/image/sms720p_japanese3.jpg]]|
//|[[http://com-nika.osask.jp/image/sms720p_japanese3s.jpg:http://com-nika.osask.jp/image/sms720p_japanese3.jpg]]|
|#imgtmb(sms720p_japanese3s.jpg,http://com-nika.osask.jp/image/sms720p_japanese3.jpg)|
|720pでの表示(クリックで原寸表示)|
~
一部の漢字が使えなくてぎこちない感じがするけど、これだけでかなり見やすくなるような気がします。~
また、表示を日本語化してもファイル名に日本語が使えるようになるわけではありません(半角カタカナは一部記号を除き使用できます)。~
~
(2007/12/24追記:SMS本体をアップデートした時に日本語で表示されなくなってしまうのを修正しました。たぶん)~

-ダウンロード (※ファイル名にカーソルをあてるとファイルサイズ等が出ます。ダウンロードの際はキャッシュに注意)
|LEFT:ファイル|LEFT:概要(フォント名)|LEFT:バージョン|LEFT:更新日|LEFT:その他|
|#ref(sms_ja.zip)|LEFT:日本語化セット(専用フォント+メッセージデータ)|CENTER:2.9(r4)用|2009/09/14|LEFT:SMSを日本語の''メッセージ''で利用するための初心者用セットです。&br;※初回はフォントセットファイルのリネームが必須です(下記参照)|
|#ref(charsets.zip)|LEFT:日本語化用フォントファイルのセット|CENTER:-|2007/10/23|LEFT:リネーム必須(下記参照)|
|#ref(mtkini.zip)|LEFT:文字フォント作成用iniファイルセット|CENTER:-|2008/10/15|LEFT:他のフォントなどメッセージ用/字幕用フォントを作成する方向け。&br;※注意点がありますので必ず同梱のreadme.txtをご参照下さい。|
|#ref(SMS.lng_JA)|LEFT:SMS日本語化メッセージデータ(J2用)|CENTER:2.9(r4)用|2009/09/14|LEFT:言語ファイルだけ更新したい人用。&br;SMS.lngにリネームして使用して下さい。&br;※文字化けを防止するため、日本語フォントは必ず最新のフォントを使用して下さい。&br;※言語ファイルの更新があっても最新のSMS本体で利用することはできます。|
|#ref(Wadagothic.mtf)|LEFT:日本語化用フォント(和田研細丸ゴシック2004P4)|CENTER:-|2007/04/17|LEFT:リネーム必須&br;使えるファイル名は以下の4つのみです。&br;・mc:/SMS/latin1.mtf(または.mtx)&br;・mc:/SMS/latin2.mtf(または.mtx)&br;・mc:/SMS/cyrillic.mtf(または.mtx)&br;・mc:/SMS/%%%greek.mtf%%%(または.mtx)&br;※SMS Version 2.5 r2以前の場合はgreek.%%%mft%%%なのに注意。&br;COLOR(red){※このフォントを使用しても日本語のファイル名は表示できません。}|
//|#ref(Habian.mtf)|LEFT:日本語化用フォント(Habian)|CENTER:-|2007/04/17|~|
|#ref(Sun-ExtA.mtf)|LEFT:日本語化用フォント(Sun-Ext A)|CENTER:J2|2007/05/03|~|
|#ref(HANNOMA.mtf)|LEFT:日本語化用フォント(HAN NOM A)|CENTER:J2|2007/05/03|~|
//|#ref(powfont.mtf)|LEFT:日本語化用フォント(ぱうフォント)|CENTER:J2|2007/05/03|~|
//|#ref(Sun-ExtA.mbf)|LEFT:日本語MBCSフォント(Sun-Ext A/JIS X 0208)|CENTER:MBCS&br;(シフトJIS)|2008/01/15|LEFT:従来のシフトJIS対応の日本語MBCSフォントです。&br;(現在は字幕表示でのみ、使用できるようです。)&br;メモリーカード上のSMSフォルダに置き、&br;SMSメニューのプレイヤーの設定から「字幕をMBCSフォントで表示する」で適当なMBCSフォントにすれば使用できます。&br;COLOR(red){※半角カタカナは使用できません。}|
|#ref(mbcsfnts.zip)|LEFT:日本語MBCSフォントのセット|CENTER:MBCS|2008/10/15|LEFT:下記字幕用MBCSフォント+α(12フォント)入りセットです。|
|#ref(WGothic_SJIS1997.mbf)|LEFT:日本語MBCSフォント&br;(和田研細丸ゴシック2004P4)|CENTER:MBCS&br;(Shift_JIS)&br;(字幕用)|2008/10/03|LEFT:従来のシフトJIS対応の日本語MBCSフォントです。&br;(現在は字幕でのみ使用できるようです。)&br;COLOR(red){※半角カタカナは表示できません。}|
//|#ref(HANNOMA_SJIS1997.mbf)|LEFT:日本語MBCSフォント(HAN NOM A)|~|2008/10/07|~|
//|#ref(Sun-ExtA_SJIS1997.mbf)|LEFT:日本語MBCSフォント(Sun-Ext A)|~|2008/10/03|~|
|#ref(WGothic_SJIS2004.mbf)|LEFT:日本語MBCSフォント&br;(和田研細丸ゴシック2004P4)|CENTER:MBCS&br;(Shift_JIS-2004)&br;(字幕用)|2008/10/03|LEFT:従来のシフトJISの未定義だった部分に文字が追加された&br;新しいシフトJISの日本語MBCSフォントです。&br;※Windowsでは新しく追加された文字をシフトJISで入力や表示することは出来ません。&br;COLOR(red){※半角カタカナは表示できません。}|
//|#ref(HANNOMA_SJIS2004.mbf)|LEFT:日本語MBCSフォント(HAN NOM A)|~|2008/10/03|~|
//|#ref(Sun-ExtA_SJIS2004.mbf)|LEFT:日本語MBCSフォント(Sun-Ext A)|~|2008/10/03|~|
//|#ref(WGothic_EUC1997.mbf)|LEFT:日本語MBCSフォント&br;(和田研細丸ゴシック2004P4)|CENTER:MBCS&br;(EUC-JP)&br;(字幕用)|2008/10/03|LEFT:主にUnixなどで使用されているらしい日本語MBCSフォントです。&br;良く分からない人は上記のシフトJISをご使用下さい。&br;COLOR(red){※補助漢字は表示できません。}|
//|#ref(HANNOMA_EUC1997.mbf)|LEFT:日本語MBCSフォント(HAN NOM A)|~|2008/10/03|~|
//|#ref(Sun-ExtA_EUC1997.mbf)|LEFT:日本語MBCSフォント(Sun-Ext A)|~|2008/10/03|~|
//|#ref(WGothic_EUC2004.mbf)|LEFT:日本語MBCSフォント&br;(和田研細丸ゴシック2004P4)|CENTER:MBCS&br;(EUC-JIS-2004)&br;(字幕用)|2008/10/03|LEFT:従来のEUC-JPの未定義だった部分に文字が追加された日本語MBCSフォントです。&br;良く分からない人は上記のシフトJISをご使用下さい。&br;COLOR(red){※第2面の文字は表示できません。}|
//|#ref(HANNOMA_EUC2004.mbf)|LEFT:日本語MBCSフォント(HAN NOM A)|~|2008/10/03|~|
//|#ref(Sun-ExtA_EUC2004.mbf)|LEFT:日本語MBCSフォント(Sun-Ext A)|~|2008/10/03|~|
//
//
//
|LEFT:ファイル|LEFT:概要(フォント名)|LEFT:バージョン|LEFT:更新日|LEFT:その他|
|#ref(appli/LbFn/ulejp.zip)|LEFT:uLaunchELF日本語化セット(専用フォント+メッセージデータ)|CENTER:4.39用|2009/07/25|LEFT:%%%''uLaunchELF''%%%を日本語の''メッセージ''で利用するための初心者用セットです。&br;利用方法は[[こちらのサイト:http://mcemu.jimdo.com/ulaunchelf/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E5%8C%96/]]で解説されているようです。|
|#ref(appli/LbFn/ulejp.lng)|LEFT:uLaunchELF日本語化メッセージデータ(J3用)|CENTER:4.39用|2009/07/25|LEFT:%%%''uLaunchELF''%%%の''メッセージ''を日本語化します。&br;※文字化けを防止するため、専用フォントは必ず最新のフォントを使用して下さい。|
|#ref(appli/LbFn/ank16j3n.fnt)|LEFT:uLaunchELF用フォント(細字)([[プレビュー:http://com-nika.osask.jp/image/ule16j3n.png]])|CENTER:J3|2009/07/25|LEFT:%%%''uLaunchELF''用%%%オリジナル半角フォントセットです。&br;半角カタカナを表示できるようにします。&br;COLOR(red){※日本語のゲーム名の表示にはELISA100.FNTが必要です。&br;※このフォントを使用しても日本語のファイル名は表示できません。}|
|#ref(appli/LbFn/ank16j3s.fnt)|LEFT:uLaunchELF用フォント(太字)([[プレビュー:http://com-nika.osask.jp/image/ule16j3s.png]])|CENTER:J3|2009/07/25|~|
//|#ref(MtkFontCreator.ini)|LEFT:文字フォント作成用iniファイル|CENTER:-|2007/05/03|LEFT:他フォントから作成する人用。詳細は検索してください(多分英語サイトしかありません)。|
//|#ref(cp932.ini)|LEFT:日本語MBCS作成用iniファイル(JIS X 0201)|CENTER:-|2008/01/15|LEFT:MtkFontCreator用iniファイルです。詳細は公式サイト参照のこと。&br;※1バイトの文字を割り当てられないので半角カタカナは使用できません。|
これらのファイルをmc:/SMS/に保存して起動させればSMS Menuから言語やフォントを''選択できる''と思います。~
~
※日本語化するには起動した後のブラウザ画面でStartボタンを押してメニューを開き、Display settingsを選択、Languageを選択します。~
 正常にフォントセットとメッセージデータがインストール(mc:/SMS/に置くだけ)されていれば、選択肢などで日本語が表示できるようになります。~
 文字化けしてしまった場合はcharcter set(フォントセット)をリネームしたファイル名に応じて変更してください。~
※MBCSフォントファイルを利用した字幕を使いたい場合は「プレイヤーの設定」メニューにある「字幕をMBCSフォントで表示する」を利用したいフォントファイルに切り替えてください。~
 正常にMBCSフォントが適切にインストール(mc:/SMS/の中に.mbfファイルが存在)していれば、Shift_JISで書かれた字幕ファイルが正常に表示できるようになります%%(ただし、全角の空白(0x8140)は使用できないようです)%%。~
~

//* 高解像度1080i(D3)/720p(D4)出力モード時のバグ
//|[[http://com-nika.osask.jp/image/sms1090i_browsers.jpg:http://com-nika.osask.jp/image/sms1090i_browser.jpg]]|
//|1080i(1920x1090→超過分約10px.は画面外)での表示バグの例(クリックで原寸表示)|
//基本的にコンポーネントかD端子ケーブルを使用しないとコンポジットやS端子では出力されないのに注意。~
//また、PS2のVRAMは4MBしか無いため、(960x1080では無く)1920x1080時に16bppしか出来ないのはほぼ仕様らしいです。~
//~
//%%(D3出力時、垂直表示解像度を1024より大きくするとブラウザの画面だけ文字が表示されなくなるようです。&br;それでもオーディオや動画再生時は横方向の解像度が半分(=960)になるため、垂直表示解像度1080やそれ以上でも問題無いようです。)%%~
//(垂直解像度を1025以上にできなくなりました)~
//~
//高解像度動画なんてまだ録画できる環境が無いから試せないなぁとか思ってたけど~
//(aviutl等で)無理矢理アップコンバートエンコして試してみればいいじゃないか、ということで~
//某動画投稿系サイトから拾ったもので試してみました。~
//(公式からリンクされている"高解像度MPEGを作成する方法"リンクからエンコツールをダウンロードできるみたいです。試していませんが)~
//(SMSで再生するためだけに高解像度の動画を作りたい場合はMPEG2ではなくXviDやDivXなどを使ったほうが簡単だと思います)~
//~
//画像は[[画面解像度別比較ページ>PlayStation2/SMS/HDTV]]に分けました。~
//~
//----
//Vesion 2.5 (rev.1)の更新で~
// - added 16 bit color resolution for mpeg1/2 files (can be useful to avoid image corruption in HD video modes);~
//とありますが、比較のページにある画像の状況は変わっていないようです。~
//~
//動画を一時停止などから再開したときに画面が崩れていたのは直ったような気はしますが・・・。~
//~
//* SMSからSMBサーバー(Windowsの共有フォルダなど)を見えるようにするには
//
//[[別ページ参照>PlayStation2/SMS/SMBServer]]
//
* コメント欄 [#commentarea]
SMSや日本語化などについて分からないことや、本家が更新されてますよとか日本語が間違ってますよとか指摘やつっこみ等があればこちらへ。
----
-本家が更新されてますよ -- '' '' SIZE(10){2007/12/22 (土) 23:14:11}
-報告ありがとうございます。このページと日本語化ファイルを更新しました。 -- ''nika'' SIZE(10){2007/12/23 (日) 23:56:25}
-毎回の更新お疲れ様です。 -- 名無しさん SIZE(10){2007/12/27 (木) 12:37:19}
-日本語化セット、いつも有り難うございます。本家が更新されてますよ  -- 名無しさん SIZE(10){2008/01/29 (火) 01:15:09}
-某動画作成で忙しかったのでチェックできていませんでした。報告ありがとうございます。相変わらず実機動作未確認ですが更新致しました。 -- ''nika'' SIZE(10){2008/01/30 (水) 19:02:00}
-画像のSMSのバージョンが古くなってきたので1080iと720pでの表示の画像を新しくしました。また、1080i出力時の表示バグの例の画面を追加しました。(操作方法の部分の画像はそのままです。これは新しくしなくても良いものだと思います。) -- ''nika'' SIZE(10){2008/04/20 (日) 21:15:32}
-SCPH-10000は非対応?起動画面でフリーズ -- ''Dorachemist'' SIZE(10){2008/05/26 (月) 21:25:20}
-公式にそれっぽい記述がないから非対応ではないと思う。最新版がフリーズするなら古いバージョンを試してみるといいかも? -- ''nika'' SIZE(10){2008/06/05 (木) 18:13:04}
-古いバージョン10個くらい試したんだけどな・・・最初の画面のloading何とかでやっぱりとまる。おとなしく30000以降買うか・・・ -- ''Dorachemist'' SIZE(10){2008/06/15 (日) 20:03:24}
-SCPH-1x000はそのままでは非対応みたいです。自分で対応するようにソース書き換えてコンパイルすればできるみたい。 -- ''Dorachemist'' SIZE(10){2008/07/04 (金) 00:05:46}
-rev.4,5更新来てます。 -- ''Dorachemist'' SIZE(10){2008/07/06 (日) 01:19:28}
-報告ありがとうございます。更新されているのを確認しました。・・・このwikiでお知らせするのを忘れていましたが、現在管理人はネット接続環境が無くなってしまったため実機による更新点の確認や言語ファイル更新などの作業が出来なくなっております。ですので(管理人による)言語ファイルの更新などは申し訳ありませんがもうしばらくお待ち下さい。 -- ''nika'' SIZE(10){2008/07/24 (木) 17:27:13}
-大変遅くなりましたが、8月12日頃に復帰することができましたので更新を行いました。報告して頂きありがとうございました。 -- ''nika'' SIZE(10){2008/09/03 (水) 12:09:29}
-SMS Version 2.9 (Rev.3) が出てます。 -- ''poo'' SIZE(10){2009/04/12 (日) 09:51:43}
-報告ありがとうございます。更新されているのをサイト上で確認しました。申し訳ありませんが、更新は次回になります。もうしばらくお待ち下さい。 -- ''nika'' SIZE(10){2009/04/21 (火) 00:05:26}
-更新しました。…今回は言語ファイルの更新は無かったので、同時に更新しておくべきでしたね。どうもすみませんでした。 -- ''nika'' SIZE(10){2009/05/02 (土) 05:26:41}
-DVD-Rに焼いたaviファイルって認識させることってできないの? -- 名無しさん SIZE(10){2010/03/01 (月) 21:05:22}
-プレイステーション2のCD/DVDドライブは、ゲームディスク・音楽CD・DVDビデオ規格のメディアしか認識されないようになっています(改造をしていない場合)。これはブラウザやドライバ以前の問題なのでどうしようもありません。DVD-Rに普通に焼いた場合、データディスクとなり認識されないと思いますが、DVDオーサリングツールなどでDVDビデオを作成し、それにフォルダなどを追加して焼く場合はドライブの段階ではDVDビデオとして認識するようになります(SMSでもDVDビデオのアイコンが表示されたかと思います)。ただし、DVDビデオにはさらにビデオ再生を邪魔しない程度の制限があります。この制限により、ゲームやSMS以外のアプリケーションではファイルやフォルダが見えない場合があります。 -- ''nika'' SIZE(10){2010/03/02 (火) 06:07:05}
-一通り使ってみましたが画質に難がある。AvelLinkPlayerやLinkTheater等の方がフルHDサイズの再生が保証されていてなおかつ遥かに綺麗。 -- ''ヲタ'' SIZE(10){2010/03/14 (日) 22:43:48}
-こればっかりは二台用意して比較してみなければ感じられないとおもいますが。 -- ''sage'' SIZE(10){2010/03/14 (日) 22:45:07}
-プレイステーション2は元々SDサイズでの利用しか想定していないような仕様・スペックですので、10年前に発売されたプレイステーション2と現在の専用プレイヤーとでは、比べられないような気がします…。 -- ''nika'' SIZE(10){2010/03/15 (月) 02:43:58}
-動画のサイズ云々ではなく、単にDVDを再生させたときもわかるとおり画素の演算精度か出力DACが多分8bitなのが問題なのです。最近の安物DVDプレイヤーでもまず10bitです。つまりハードウェアに起因する問題なのでどうしようもないのです。 -- ''ヲタ'' SIZE(10){2010/03/15 (月) 08:12:54}

#comment

[Reload]   [New] [Edit] [Diff] [Upload]   [Front page] [List of pages] [Search] [Recent changes] [Backup]   [RSS of recent changes]